Street News Service - 日本語http://www.streetnewsservice.org/search/news-results.aspx?language=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E&outputType=rssStreet News Service RSS FeedCopyright © 2012 www.streetnewsservice.org. All rights reserved.INSPiring the World (2012 五月)毎月第一月曜日に、ニュースサイトから集めた短い記事を、編集者の皆さまにお届けします。これらの記事は、皆さまのストリートペーパーの国際面などに掲載していただくことが可能です。データを転載するには、「この記事をダウンロード(download article)」または「画像イメージをダウンロード(download gallery images)」をクリックして下さい。他言語のバージョンは、テキストの下よりダウンロードが可能です。http://www.streetnewsservice.org/news/2012/may/feed-328/inspiring-the-world-(2012-五月).aspx07/05/2019INSPiring the World (2012 4月)毎月第一月曜日に、ニュースサイトから集めた短い記事を、編集者の皆さまにお届けします。これらの記事は、皆さまのストリートペーパーの国際面などに掲載していただくことが可能です。データを転載するには、「この記事をダウンロード(download article)」または「画像イメージをダウンロード(download gallery images)」をクリックして下さい。他言語のバージョンは、テキストの下よりダウンロードが可能です。http://www.streetnewsservice.org/news/2012/april/feed-323/inspiring-the-world-(2012-4月).aspx02/04/2019INSPiring the World (2012年3月)On every first Monday of the month we present editors with a selection of short stories from the SNS website. The package can be used to fill the international pages in your street paper. Simply click ‘download article’ and ‘download gallery images’ to reprint the material. Other language versions are available below the text.http://www.streetnewsservice.org/news/2012/march/feed-319/inspiring-the-world-(2012年3月).aspx05/03/2019悲しみ相談ダイヤル2万人近い死者・行方不明者をもたらした3月11日の東日本大震災。これまで自殺対策・自死遺族支援に取り組んできた経験を活かし、震災で家族と死別・離別した人たちの悲しみに耳を傾ける清水康之さん(NPO法人 自殺対策支援センター ライフリンク代表)に、遺された人たちが置かれている状況と、これから取り組むべき課題について聞いた。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/december/feed-309/grief-hotline-jp.aspx12/12/2019高まる日本の自然エネルギー技術力への期待ここ数年、アジアでは原発の輸出入が盛んになり、福島の原発事故が起こる以前から各地で反対運動が続いていた。「ノーニュークス・アジアフォーラム2011」に集まった韓国・台湾・インドネシア・フィリピン・タイ・インドの活動家たちに、それぞれの国の状況、そして日本へのメッセージを語ってもらった。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/october/feed-300/rise-of-nuclear-power-in-asia-jp.aspx10/10/2019何に向かってがんばる? もうノイローゼになりそう――帰れない? 不安募らせる福島県の震災による死者・行方不明者は宮城県に比べ7分の1である。しかし、避難者は約10万人と宮城の4倍になっている。なぜなら、原発から30キロ圏内の避難者が8万8千人に上るからだ。そのため、福島では転々と移住する住民と一緒に町村役場も漂流する事態が起きている。原発事故の収束の状況いかんでは、原発の30キロ圏内から避難した人々は2度と地域に戻れない「ディアスポラ的状態」になる可能性もある。フクシマは帰りたくても帰れず、避難先を転々とする人々はどのような気持ちで日々を過ごしているのだろうか。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/august/feed-292/fukushima-evacuees-jp.aspx04/08/2019福島原発30キロ圏、南相馬からの便り 閉じ込めないで、透明なバリアに私の住む南相馬市原町区は、原発事故で30キロ圏内に入って屋内退避がもう1ヵ月も続いています。今まで、精魂込めて培ってきた会社、社員、お客様、地域のすべてが根底から崩壊してしまいました。4つのテナント店は閉鎖、本店もやっと、おそるおそる半日 営業を始めたところです。いつ避難命令が出るか? はたまた屋内退避が解除になるのか? 毎日テレビのニュースに釘づけになっています。 http://www.streetnewsservice.org/news/2011/june/feed-286/福島原発30キロ圏、南相馬からの便り-閉じ込めないで、透明なバリアに.aspx24/06/2019原発30 キロ圏、いわき市久之浜。風評被害のりこえ続く医療活動3月11 日の大震災後、政府は福島第一原発から地図上の同心円で半径20 キロメートル、福島第2原発からは半径10 キロメートルの住民に「避難指示」を出し、同月15 日には、さらにその10キロメートル外側、半径20 ~ 30 キロ圏内の「屋内退避」を指示した。発表直後、「市内全域で放射線被害があるのでは」などという風評が立ち、運送トラックが入らなくなってガソリンや食品などの物流が途絶えた。とりわけ医療面では深刻で、直後から医薬品が不足し、治療に困難をきたした。震災から1ヵ月前後のいわき市の医療活動の様子を追った。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/may/feed-280/原発30-キロ圏、いわき市久之浜。風評被害のりこえ続く医療活動.aspx16/05/2019定禅寺ジャーナル 創刊準備 第2号皆さまへ、これは私の一人言ごとです。 もし、今回の一連の被害が被災された方々ではなく私一人にもをうされるような事になればどんなに良かったか…。 そんな事をここ2週間程幾度と無く考えて来ました。 TV、新聞、ラジオを通じて、いや、私が今回松島~閖上(ゆりあげ)手前までを回って歩き、実際この目で見たものはただ単に絶句するというには――いや、それ以外に形容しがたい凄まじい光景でした。 それは日航ジャンボ機墜落現場や阪神大震災の現場を見て来た私でさえ!?ですから、一般の方はどんな心境なったのか察する事は出来ます。 http://www.streetnewsservice.org/news/2011/april/feed-277/定禅寺ジャーナル 創刊準備 第2号.aspx25/04/2019ホームレス経験者だからこそ被災市民のつらさがわかる東日本大震災はビッグイシュー販売者や支援者であるホームレス支援団体も直撃した。けれども、彼らは自身の被災にもかかわらず数日を経て被災市民にも開かれた炊き出しや緊急物資配布の活動を始めた。ホームレス支援団体「仙台夜まわりグループ」「萌友(ほうゆう)」などの活動、被害がひどかった仙台市若林区、石巻などの様子を3 月23 ~ 27 日、横関一浩カメラマンが取材した。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/april/feed-277/ホームレス経験者だからこそ被災市民のつらさがわかる.aspx20/04/2019歯がゆいほどに、無力。憧れだった海の町が…東北地方の太平洋沖で、マグニチュード9・0の地震が発生した。私は岩手県紫波町の自宅から、30キロほど北の盛岡市にいた揺れは、これまでに経験したことのない強さと長さで続き、命の危険を感じた。あたりはすぐに停電し、街には消防車のサイレンが響き始めた。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/april/feed-275/歯がゆいほどに、無力。憧れだった海の町が….aspx11/04/2019Online prayers in times of tragedy (日本語)3月11日、マグニチュード9・0の未曾有の大地震と津波が日本を襲った。東日本大震災により、生活を奪われ避難所生活を強いられる人々も多い中、twitterなどによるウェブ上でのつぶやきが人々の心に明かりをともし続けている。http://www.streetnewsservice.org/news/2011/april/feed-274/online-prayers-in-times-of-tragedy-jp.aspx01/04/2019社会の未来はあるのか? 子ども、若者に"社会投資"しない日本子どもの貧困がにわかに社会問題化する中で、児童福祉の現場では何が起こっているのか? 日米の児童福祉の現場経験があり、『子どもの最貧国・日本』の著者である山野良一さん(児童福祉司)に、その実態を聞いた。http://www.streetnewsservice.org/news/2009/august-2009/feed-196/is-there-a-future-for-the-japanese-social-system-jp.aspx17/08/2019日本の社会政策が子どもの貧困率を高めている ――貧困可視化をはばむ精神論と中流神話「日本の子どもの貧困は、構造的にもたらされたものであるにもかかわらず、20年以上の間、放置されてきた」と言う阿部彩さん(国立社会保障・人口問題研究所)に、日本の子どもの貧困の現在、貧困を可視化する方法について聞いた。http://www.streetnewsservice.org/news/2009/july-2009/feed-193/japanese-social-policy-raises-child-poverty-rates-jp.aspx27/07/2019